出産準備にかかる費用

出産準備でかかる費用は平均どんなものなのでしょうか。
実は、出産準備品にかかる費用は、人それぞれ全然違ってきます。

いろいろ、出産準備品を調べていると、あれもこれも欲しくてついつい購入してしまう人や、節約を意識して我慢する人とて大きく差が出てきます。
出産準備で不要だったものの口コミもたくさんあるので、よく調べてから出産準備に取り掛かるようにしましょう。

<マタニティ用品>
 平均 43,920円
 最高 30万円
 最低 0円

この0円は他人から譲り受けた物を使用していたのでしょうか。
先輩ママがいるなら、不要な物はいただいて予算を減らしましょう。

<育児用品>
 平均 11万1,590円
 最高 30万円
 最低 1,000円

<検診費>
 平均 5,029円
 最高 1万2,000円
 最低 2,000円

<検診費トータル>
 平均 9万3,672円
 最高 20万円
 最低 4万8,000円

<初診料>
 平均 6,370円
 最高 3万円
 最低 1,100円

<検診で行われる検査の費用>
 ・貧血検査→3,000円
 ・風疹抗体検査→2,400円
 ・C型肝炎ウイルス抗体検査→3,100円
 ・HIV抗体検査→3,000円
 ・B型溶連菌→2,800円
 ・クラミジア抗原・抗体検査→5,000円
 ・トキソプラズマ抗体検査→2,000円

このように、検査+検診になると1回の通院でかなりの金額になります。
妊娠するという事は、出産準備費だけでなく病院代がかさみます。
妊娠する前にきちんと予算を組んでから、子作りをするようにした方が良いでしょう。

<入院、分娩費>
 ・個人病院→平均 41万8,247円
 ・私立総合病院→平均 42万2,785円
 ・公立総合病院→平均 37万1,897円
 ・私立大学産院→平均 59万2,127円
 ・公立大学産院→平均 50万円
 ・助産院→平均 40万円

このような結果から、助産院が1番経済的なのがわかりますが、助産院は医療設備が整っていないのでリスクが伴う出産の場合は総合病院の方が良いでしょう。

この記事のタグ

サイト内関連記事

新品での出産準備
私は初めての赤ちゃんを妊娠した時、出産準備ははりきって新品ばかりをそろえたいと思......
出産準備品の洗濯について
出産準備は赤ちゃん用品やマタニティ用品を購入やレンタルするだけでなく、洗濯も出産......
育児準備について
出産準備を完璧に行うには、育児に対する知識も身につけておきましょう。 いわゆる、......

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

出産準備で失敗しないために!:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.ya-ha.net/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。